おやじランナーの背中を追って

33年前初マラソンでサブ3(2時間48分)。以降あんなしんどいことなんか、、、でも再びその世界を夢みてる50代半ばおやじの練習プラス雑談日誌。
なお、「おやじランナー(本家)」は友人です。

成都の地下鉄

▼春日三球照代

地下鉄とくれば春日三球照代ですが、、、、


今どうしておられるのか、

気になりますが、

今回は、ちょっと置いておいて。



▼成都の地下鉄

空港から成都の中心部のホテルまで、

そしてホテルから繁華街まで、

計6回地下鉄を利用しました。

乗り換えて違うラインの地下鉄に乗った事をカウントすれば、計14回。



▼乗るまで

スマホ決済のみだとどうしよう、、、

杞憂でした。

タッチパネルで、

ぴっぴっぴのぴっ。

そしてお金を入れたら終了。

切符のカードとお釣りをゲット。







5年ほど前の上海より簡単。



▼改札

セキュリティチェックがあります。


ベルトに荷物を乗せて、身体は枠を通過。

まるで、空港のセキュリティーチェック。

(拉薩のお寺も同様でした。)




▼ホーム

なお利用した駅は全てホームドア。

フルスクリーンタイプと言うのでしょうか?

乗客の待つホームと電車の走る空間は完璧に分け隔てられてます。


これだと、風でスカートがまくれる事は無しです。







▼車内

新しい路線ほど、車内の案内が分かりやすい。






▼乗り換え案内(駅構内)

乗り換えもまったく迷う事はありませんでした。





▼日ごろ使う、京都市営地下鉄

通勤で利用していますが、

観光客の視線で見たら、

残念ながら、かなり遅れているのが現実のよう。


建設時期、使える空間の広さや制約、予算

いろいろあるでしょうが、


料金も

成都は 2元から

京都は210円から。


成都の地下鉄、

便利、分かりやすい、安い、綺麗!

でした。










◾️today's run

断走中



毎日読んで頂きありがとうございます。

西のおやじにガンバ!のワンクリックを!

↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。